FC2ブログ

囲碁寺子屋7

2010年05月05日 14:45

連休最後の日なので筆子(生徒)の集まりが悪いと思っていたが、そうでもなかった。
嬉しかったのは先に囲碁寺子屋に入ってきていた筆子の兄弟が二組入ったことである。弟が先に入り、姉が一人、兄が一人入った。これは保護者が囲碁寺子屋を評価してくれた証左である。月謝を考えれば負担と思われるがそれ以上の価値を感じてのことであろう。
今日は8人と指導碁を打った。それぞれワンポイントをレッスンした。有段者二人には利かされること、気合の悪い手を注意した。有段者になると利かされる辛さ、気合の悪いことを注意するとその意味を受け止めてくれる。少しずつでも進歩しているのが感じられる。
5月で筆子が20人近くなった。とりあえずの目標に近づいた。年末まで50人少し見えてきた。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事