FC2ブログ

夢タイム

2013年06月07日 19:38

八千代台西中学校の「夢タイム」の囲碁授業の初日である。昨年までと違い、玄関に入って直接教室に行かず、外部講師用に茶菓が用意されている会議室に案内された。今年度書道を選択した生徒は激減で4名、将棋は久々30名、囲碁は昨年と同じ22名であった。お茶をいただいていると「山下先生!」と女子生徒が迎えに来てくれた。その生徒が、班長だとわかったので、囲碁は挨拶が大切なので、始まる前と後に「起立、礼」をしたい、と言うと「いいです」と元気な応えがかえってきた。昨年はやんちゃな生徒が5人居て苦労したので、今年は如何に、と講義しながら生徒の顔を見まわすと、昨年とは様変わりである。マナーの話の中で、「勝ってもガッツポーズをとらないのは何故か?」、の問いに、すぐ正解が出て、ルール説明を終え、早速対局に進むと9路盤ながら終局まで進む生徒が続出した。全体的に昨年より理解が速い。帰り際校長先生に、この組の生徒全員に囲碁を選択してよかった、と思ってもらえるよう努力すると約束した。

校内の石庭




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事