FC2ブログ

世代交流

2010年06月09日 11:30

今日は峰台小学校と薬円台小学校囲碁部の指導が重なった。薬円台は初回、峰台のほうは2回目なので峰台は鈴木、大塚両氏に任せ、薬円台に向かった。薬円台小囲碁部は今年は24名で昨年より増えた。引き続いてのの部員は5人で、あとの19名が始めての囲碁である。今回は担当のM先生は不具合で、教頭先生が立ち会った。「お願いします」「ありがとうございました」のマナーを教えた後、5子取りゲームを全員で打ってもらう。教頭先生も生徒と真剣にうち2勝1敗で面目を保った。ここには近くに住む椎名さん玉木さんが指導を手伝ってくれる。今年入った部員の一人は玉木さんの孫である。熱心に打っていたからすぐに祖父対孫の対局が実現できるであろう。
玉木さんに「囲碁好きにとって孫と打つのは何よりの喜び」と伝えた。
まもなく実感されるであろう。

初めての九路盤対局



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事