FC2ブログ

半学半教2

2010年06月26日 11:25

7月11日に開催する第31回文部科学大臣杯小・中学生囲碁大会千葉県大会(個人戦)は新しい試みが2つある。
まず1つは会場が東邦大学の習志野キャンパス内になったことである。昨年東邦大学学園祭の会場内で子供大会を開催した。
会場はJR津田沼駅からバスか京成大久保駅から徒歩と交通の便がイマイチで懸念されたが、思いのほか好評で参加者も多かった。
そこで例年船橋市東部公民館で午前、午後に分けて開催してきた大会を東邦大学習志野キャンバス内で午前から一斉にスタートするのである。
この大会は280名同時対局、県代表2名を選抜する代表戦から、19路、13路、9路盤での段、級位戦と参加者の棋力の幅も広い。
その手当てに連盟委員だけでは足りない。
そんな折、山下塾OBの高校生が中心になって昨年発足した千葉県高校生囲碁の会のメンバーから大会当日のサポート役を買ってでてくれた。この高校生の会の縦、横の囲碁の仲間に呼びかけサポートしてもらう。これが2つ目の試みである。子供大会出場者が後輩の大会のサポーターになるレールを引きたい。
「半学半教」先に学んだ者が後から学ぶ者を指導する。
この精神が千葉県で育まれれば嬉しい。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事