FC2ブログ

いただきます

2010年07月08日 11:17

習志野市立藤崎小学校児童会は昨年から続いている。津田沼小児童会の先生が転勤してここで新たに囲碁指導が始まった。昨年クリスマスのイベントで囲碁大会をするくらいだから子供達は囲碁に馴染んでいる。
1年生が入ってきたので二手に分かれての指導になる。幸い海野、山田両氏が来てくれるのでスムーズに指導ができる。ここの児童会は作法が教育されている。きちんとした作法が気持ちよいのでおやつを一緒に食べている。各班ごとにおやつを選ぶ順番から片付けの順番まで希望者が手を挙げダブったらジャンケンで決める。
新学期になり一番強い子はY君である。H君は皆が外遊びに行っても囲碁を打ちたがる。その対局をじっと観ていたのがK君である。自分は打てないが対局を観ている子は一旦始めると強くなる。早速指導した。この2人に11日の県大会に来るよう話した。同じ世代の子供が囲碁を夢中で打つ姿を観れば自分もやりたがる。
指導に行っている場でこんな子が一人でも現れるとやりがいを感じる。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事