FC2ブログ

手応え

2010年08月18日 11:00

久々囲碁寺子屋に行けた。旅行やら宴会やらで3回パスした。聞くと夏休みで田舎に帰っていたりで筆子も少なかったようだ。
いつもは有段者の子供の指導を主にしているが今日は有段者が一人しかいなので二桁級の筆子の指導に当った。
二桁級だと全く考えずに手の趣くまま、相手が打ったら反射的に打つ。うっかりしていると二手続けて打つくらいの勢いである。それはそれでいい。Uちゃんの碁を見ていたら自分の大石が駄目に立ったとき、手が止まり考え込んでいる。手を読んでいる。来た!と思った。ばたばた打つ段階から手を読むところまで来た。考えることを覚えると急に伸びるものである。
終局してからその場面を再現して「ここで考えたね、もう一手前で考えればよかったね」「これから打っているとき時々考えてみよう、そうすると初段にすぐなれるよ」と話した。
残った時間で今日のテキストの問題をトライさせた。やる気が出てきた。終わりの挨拶をしてからも有段者の問題に取り組んでいる。大いに手応えを感じた。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事