FC2ブログ

地産地消

2010年08月27日 10:56

中学校と地元の公民館のサークルと連携をとっているのは珍しい。地域の力を教育現場に生かす発想である。
地産地消と同じ考え方である。
八木が谷中学校日本伝統遊戯部の夏休み最終練習日なので見学がてら八木が谷公民館に行った。中学校の部活で公民館の会場、道具、コーチを使うわけである。顧問の先生の理解なしにはできない。
囲碁ではこのような取り組みを聞いたことが無い。
ほとんど13路盤で打っているので最終日だから全員19路盤にしようと提案した。打ち出した生徒達の碁を見ると随分理解が進んでいる。
十分19路盤で打てるのがわかった。学校には19路盤が足りなかったと記憶している。連盟発明の紙碁盤を寄贈しよう。
次の予定があるので、夢中で打っている生徒に黙って部屋を出ようとした。
先生が「お帰りなるから手を止めて挨拶しよう」と言って全員でお礼を言われた。
広瀬先生ありがとう。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事