FC2ブログ

夢タイム3

2013年06月21日 19:29

八千代台西中学校では、「夢タイム」囲碁授業の前に会議室に案内される。そこにはお茶の用意がされている。今日は早く着いたので、ゆっくりお茶を、と階段を昇っていると、「あっ囲碁の先生、僕のこと覚えていますか」「?」「八千代幼稚園で囲碁を教わりました」、名札を見るとシンタロウとある。山下塾生のカイ君と一緒で囲碁に熱心な園児だったことを、すぐに思い出した。「囲碁は初段くらいで時々打っていますが、今はサッカーをやっています」と実にカラリとした受け応えである。教頭先生にその話をしたら、クラスでもリーダー的存在、だそうだ。思わぬ出会いであったが、その成長ぶりにすっかり嬉しくなった。教室に入ると前回提案しておいた毎回対局相手を替えること、を班長が指示して既に実行してくれていた。嬉しいことが重なり、それが生徒に伝わったのか、指導は滞りなく好調。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事