FC2ブログ

表彰式

2010年09月25日 10:42

ふなばし囲碁協会では昨年から高齢者囲碁愛好家に佳きお手本であるとして表彰している。
昨年は90歳以上とし5名表彰した。
今年から90歳という年齢をはずし、高齢者でその地区の囲碁発展に功績のあった人を表彰している。
今日はY公民館囲碁サークルのS氏とN氏である。
N氏は挨拶でアルツハイマーで2、3目弱くなったが現状を保持するためこれからも囲碁を打ち続けると話す。
S氏は私との付き合いが20年余になると語った。
表彰の後,記念対局をして有志によるお祝いの会が開かれた。
囲碁サークル仲間は前歴などあまり話さない。現役ではこうだったとの自慢話は憚る。
ひたすら今の人柄で囲碁を楽しむ仲間となっている。
今日の飲み会でS氏が雨の神宮の学徒出陣の学生だったと知った。確か学生25000人行進し3000人以上が帰らぬ人となったと聞く。S氏はセブ島まで行っている。今のセブ島は日本人の観光客が多く行く。S氏は観光地化したセブ島には行く気がしないと語る。
つらい思いがあるのだろう。
数えで90歳のS氏は駅のエレベーターを使わず階段を上り、元気に電車に乗って帰った。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事