FC2ブログ

キャッチコピー

2010年10月04日 10:38

慶応高校囲碁部の指導日である。部員は4名だが、みな有段者なので一人ではしんどい。正田OBと二人である。みな普通部囲碁部からの続きなので上達ぶりは良く分かる。読みが深くなった子、守り専門から攻めが分かってきた子、大場に石が行くようになった子、伸び代が分かるので教え甲斐がある。
2時間の指導が終り将棋部を覗くと、こちらは10数名の部員がいる。小中高の部活の場合、囲碁と将棋とでは将棋のほうが断然多い。とっつき易いからか、勝負の付きかたが分かり易いからかはよく分からない。
過日、ロータリークラブの卓話の終り5分間で9路盤ながら囲碁はどんなゲームか説明ができた。将棋は5分では難しいと思う。
囲碁のとっつき難さを解消するには囲碁のキャッチコピーを考える必要もある。梅沢さん、万波さんが提唱している「アミーゴ」から出している雑誌に「頭の中からきれいになる」とあった。いかにも女性向きのコピーである。
我が連盟の入江委員の考えた大学祭囲碁大会向けのコピーは「僕の脳と彼女の脳が汗をかく」である。
キャッチコピーから囲碁のイメージを変える。若者に囲碁を!



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事