FC2ブログ

屋敷小の棋道部

2010年10月26日 10:33

屋敷小学校のクラブ活動の棋道部は囲碁と将棋が一緒になっている。今年は囲碁の方が少ないと言うので今日初めて行ってみた。来客用の入口で何と歓迎の貼紙文が出迎えてくれる。クラブは20名で18名が将棋を指している。将棋の指導ボランテイアが一人3面指しをしている。まずは将棋の先生に5分だけ囲碁の話をする旨了解をとる。ルール説明と将棋と囲碁の違いを少し話し、囲碁の実践を見せる。それから2名の囲碁指導に入る。生徒二人に先生二人だから丁寧に教えられる。
一人は一桁級の腕前だ津田沼囲碁クラブに通っている。もう一人が全くの初心者である。初心者はひどくおとなしい子である。そのうち将棋の子が二人囲碁に来る。早速囲碁の子と打たせる。初心者の方でも当たりはしっかり理解させたのでいきなり将棋からきた子には負けない。おとなしい子が普段圧倒されている子に2回勝ち本人がびっくりしている。すかさず勝っても威張ってはいけないよと諭す。
しかし囲碁で少し自信を持ったようだ。せめて棋道部の半分の10人が囲碁をやるようになればいいが・・・





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事