fc2ブログ

才能

2024年03月20日 22:49

人間学を学ぶ月刊誌「致知」4月号に羽生善治九段が「一つのことに対して十年、二十年、三十年同じ姿勢、同じ情熱を傾けられることが才能だと思う」と述べている。山下塾は四十年近く続けているが、羽生さんの言葉にあるように同じ姿勢、同じ情熱で続けてきたと自信を持って言える。山下塾に通って来る子供たちの気持ちも変わっていないと感じる。腰骨を立てている間は山下塾を続けられるであろう。羽生さんの言葉に、子供囲碁教室の先生としての才能はあると自信をもって言うこととしよう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事