FC2ブログ

園児特訓

2010年11月01日 10:29

東邦大学祭の子供囲碁大会に船橋幼稚園から3チーム9名参加申し込みがある。これまでで初めてのことである。保育時間での囲碁指導は石取りゲームを中心にしているので、今日大会に向けて母親と園児合同の特訓を行った。
9名の中にお兄ちゃんが打てる子とおじいちゃんと打っている子が一人づついる。
皆の前に出て対局したり、園児同士で打たせてみるとマアマア形になっている。千葉県少年少女囲碁連盟では9路盤で終局まで打てれば30級としているので全員30級でエントリーすることにした。
大会に出て勝てば嬉しい、負ければ悔しいけれど勝ち負けより真剣に打つことが一番大切ですと何度も繰り返し話した。
それでも負けて涙が出てくる子いるだろう。悔しさがバネになり囲碁に気持ちが向いてくるようにリードが必要である。
初級者の対局には2局に1人の世話役をつける。
折角大会に参加するからには囲碁を好きになってもらうのが目標である。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事