FC2ブログ

脱ゆとり教育

2010年11月12日 10:25

F児童会で囲碁指導の時間が取りにくくなったので、囲碁を好きな子だけにしてほしいと要望が来た。脱ゆとり教育で小学校では278時間授業時間が増えていると言う。その結果児童会に4時帰り、5時帰りと考慮すると20分しか囲碁時間は取れないとのことである。幼稚園を始め小中学校での囲碁指導は全員を原則にしている。それは囲碁の面白さが分かるまで時間はかかるし、辛抱も必要である。始めから好きな子だけとするとほんの数人になってしまうからだ。
指導者に限りがある以上指導効率を考えてしまう。結論としてF児童会では冬休みに1時間とることにした。
大会に出場する子が育ってきたのにいささか残念なことである。
そう思っていたら千葉市長に市内の小学校、学童保育の場に囲碁指導をしたいと4日前メールで頼んでいたら、担当部署二か所に話を下したので連絡を取るよう電話が入った。他に放課後囲碁教室も可能との話もあった。具体的な話ができると何カ所か指導現場ができる。
千葉市内では桜木小の高尾さんしか指導者がいない。
新しい指導者を見つけよう。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事