fc2ブログ

棋士引退

2022年03月21日 21:43

3年前に持ち時間3時間の碁で村上昌英三段が2手目に時間を使い切り秒読みで打ち続け58目負けの碁を打ったニュースを読んだことがある。どんな思いで対局していたのか考えこんだものだ。1960年王座戦2日制の碁で初日に8手までしか打たずに「今日の蛤は重い」と有名な言葉を残した梶原武雄先生とは違うのは想像できる。全国大会に出場する千葉県代表の小中学生の特訓の折に何度か前原の家に来ていた時の映像が今でも瞼の奥にある。千葉県八千代市出身と言うことで千葉県子供囲碁大会には何度も指導にきてもらっていたが、柔らかい雰囲気で子供たちにも人気があった。プロ棋士を引退して先生と呼ばれる立場から離れるのである。まだ30代の若さでどんな花を咲かす心つもりか伺ってみたいと思っている。

IMG_1533.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事