fc2ブログ

対面山下塾

2021年08月16日 23:38

今年は4月に数回対面での山下塾を開いたが新型コロナ蔓延防止で教室が使用禁止となり以後はオンラインで開催していた。オンラインはWindows のパソコンとWIFI環境が必要である。小さい子はパソコン画面に集中するのは難しい。ラインで画面は共有して打っているのだが気が散っているのが見て取れる。幸いなことに茶華道センターで囲碁山下塾を認定してもらえたので8月に入って対面山下塾を2回開いた。難点は会場使用料は当然だが、ほかに碁盤石、備品の使用料が発生することである。使用する部屋は三つの和室を襖で仕切っているので隣の部屋の音は筒抜けである。2回とも日本舞踊の教室であり師匠の厳しい指導が手に取るように聞こえる。それでも塾生たちは真剣な対局ぶりである。畳に正座して碁に集中している。最近詰碁の面白さを掴んできた小2のリクトが後輩の小1のダイゴに自作の詰碁の問題を出して解説する様子に見惚れた。これはやはり対面教室ならではの情景である。今の時代、オンラインは強力な武器だとしても指導の根本は人間と人間の血の通った関係にこそある。1年半余、塾生たちと殆んどネット囲碁教室で向きあってきた身だからこそ、よりその思いを強くするのかもしれない。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事