fc2ブログ

若松幼稚園

2021年07月06日 22:33

若松幼稚園3回目の囲碁指導ではアタリの石を取る、アタリになっている石を逃げる、アタリの石にくっついている相手の石を取るなどの問題を8人から10人の園児を指名して前に出てきてもらって答えてもらう。今回は担任の先生に指名してもらうことにした。元気に「ハイ、ハイ」と手を挙げる子だけに偏らないように、普段目立たない子が前に出て「正解!」と拍手を送ると盛り上がる。前に出ると固まってしまい手が出ない子にはヒントで「セイカイ」してもらう。クラスの皆が一度は前に出て「正解」してもらうのが何より大事と思っている。2学期になると保護者に囲碁の授業を見てもらうことになっている。うちの子も囲碁がわかっていると保護者に見せる工夫をするつもりである。

IMG_0865.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事