FC2ブログ

INGO

2021年02月19日 22:31

INGO(ingo-web)が進化した。これまで日本語と英語の対応であったが新しくドイツ語が加わった。INGOのHPで日米の国旗をクリックすると日本語と英語が切り替わる。それにドイツの国旗が加わったのである。ロバート・グリュニング氏に5年がかりで訳していただいたのである。このほかにロシア語で訳してあげようという人がいるらしい。それなら囲碁人口の一番多い中国語版を創りたいと発想した。有料なら優秀な人がいるだろうが好意でお願いするとなるとよほどの熱意と能力がないと難しい作業である。全部でなければ5年は掛からないようだがそれでも半年はかかるであろう。囲碁大国の中国語、韓国語の訳文がそろうとファンが増えるであろう。いまは毎日2800局が対局され会員は2850人だが1万人位にはしてみたい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事