FC2ブログ

懸垂幕

2011年06月02日 02:14

 I 学園囲碁部二回目の指導である。前回は千葉県高校囲碁大会の前であった。認定大会に出場した三人中二人がそれぞれ目標の級認定を受けられた。今日は団体戦の直前なので布石の勉強も兼ね全員、互い先の手合いで指導した。
 中学生の囲碁部員のなかで見た顔がある。「会ったことあるね。」「ハイ大会で会いました。」
千葉県少年少女囲碁大会の参加者は毎回300人程になる。顔の印象は記憶に残る。多分大会で2~3回会っているのだろう。受験で囲碁から離れていました、と言うH君は随所に強い手を打ってくる。囲碁部が出来たのでこれから続ければ良い選手に育つであろう。
 ところで、校舎の吹き抜け部分に懸垂幕が3本飾ってある。聞くと関東大会以上で好成績を上げた選手とチームは懸垂幕の対象になるとのことである。
 担当のN先生に囲碁で懸垂幕を上げるのを目標とします、と宣言した。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事