FC2ブログ

生徒の成長

2021年01月21日 21:53

S学院小アフタースクール囲碁の指導で入院のため初めて休みをもらった。日ごろからリーダーのH君が2年生から5年生の25名をよくまとめてくれているのが分かっていたので、担任の先生に囲碁の進め方をメールしてH君に渡してもらうよう頼んだ。H君とS君が初めに皆に向けて適切な指示を出してくれてスムーズに進められたこと、新型コロナ禍で遅れてスタートした6月から僅か半年間の生徒の成長ぶりに感動したことなど先生から報告された。昨年6月当初低学年の生徒が動き回ってどうなることかと思っていたが、年が明けて初めての指導で皆が囲碁に真剣に向かっている姿に自分も感動したばかりである。棋力の差はあるが前回から取り入れている25名のリーグ戦で第1回戦だけを組み合わせ2回戦からは生徒自ら相手を選んで対局する方式で面白さが身についた感じを受ける。この度の入院で生徒自らが成長する姿を見せてくれたのは怪我の功名とはいえ、指導者にとっては勲章である。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事