FC2ブログ

囲碁部に

2011年06月21日 02:07

今日は船橋幼稚園、屋敷小囲碁将棋部、津田沼児童会と続いた。それぞれの場で子どもと新しい交流が生じる。その中で屋敷小の部活の先生が気を遣ってくれたのは嬉しかった。どこの小学校でも囲碁将棋部に入ると圧倒的に将棋を選ぶ生徒が多い。津田沼小の囲碁将棋部でも将棋希望の生徒が多く、囲碁をやる子は少ない。指導の大人も将棋のほうが多く一つの教室の中では囲碁は小さくなって活動している始末である。屋敷小は如何にと思い教室に入った。前回、最初だけは全員に囲碁の説明をさせてほしいと頼んでやらせてもらったが、終わったら将棋をやりたかったとぼやく生徒が何人もいた。囲碁と将棋と、どう分けるかは担当の先生に任せることにしていたが、今日、行ったら、全員将棋でなく囲碁をやらせることにしました、とのことで、昨年の2名から一挙に14名に増えていた。囲碁将棋部から囲碁部になったわけである。
先生の気配りに応えるには生徒全員が囲碁を覚えて良かったと思ってもらうことである。初回に9路盤は皆に配ってあるので、13路盤を7面揃え、最終回には囲碁大会をやろうと提案してきた。今日の1時間の指導で手ごたえを感じてきた。あと4回のカリキュラムを工夫して組み立ててみよう。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事