FC2ブログ

若松幼稚園「純碁」指導

2020年10月28日 22:54

若松幼稚園では囲碁を正課としている。ここでは「致知」11月号の記事に掲載されている教育者森信三先生提唱の立腰教育を取り入れている。身体を正し腰骨を立てることにより自立した子供に育つという教えである。幼稚園の先生は折に触れて園児に「腰骨を立てて」、と声をかけている。その声で園児はもとより囲碁講師も思わず腰骨を立てる。すると気持ちが落ち着いてくる。新型コロナウイルス災厄で今日が2回目の指導である。7路盤での純碁指導とした。以前入門指導した先生に前に出てもらい模範対局をした。7路盤純碁の対局では盤面が狭いので目算がしやすく、勝ち負けの差が1目差になるようにすると園児は盛り上がる。純碁ルール・純碁公式サイト・純碁対局サイトの案内を園児に持たせ、家でも純碁で遊んでね、と託した。

DSCPDC_0002_BURST20201028101623233_COVER.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事