FC2ブログ

囲碁は殴り合いだ

2020年10月26日 23:28

今日の日本経済新聞に掲載されている「囲碁は殴り合いだ」という井山裕太さんの記事を読んで我が意を得た思いである。日ごろ自分は柔らかい表現で「囲碁は知的格闘技」と言っている。手ひどいパンチを食らっても簡単に倒れず最後まで機会をうかがう、相手との間合いを計ったり一瞬のすきを窺う、何十手も先を読みガードを固め殴り込む、相手を挑発して罠に誘う、人間対人間の対局は心理戦になる、相手がひるんだら踏み込む、逆にじっと我慢する、盤を挟んで向き合うと微妙な表情に揺れを感じるなどの言葉の一つ一つがその通り!と胃の腑に落ちる。これほど端的に表現した棋士を知らない。さて囲碁の指導をしている子供の保護者に「囲碁は殴り合い」とは、やはり言いにくい。知的格闘技に変わる言葉を探さなければいけない。

井山さん



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事