FC2ブログ

対面山下塾再開

2020年10月11日 23:00


2月27日に安倍首相が学校休校を宣言した時に休校中子供たちはどのように過ごすのだろうと想像してみた。幸い山下塾生はみな家庭で居どころがない子はいないが、毎日テレビを観たり、ゲームばかりしていたら頭を使う時間が不足するのは間違いないであろう。オンラインで囲碁の仲間とつながっていれば脳も使うし不安な気持ちも軽くなるであろうと月曜日から土曜日まで毎日ネット山下塾を開催した。6月になり学校再開が決まってからは火曜日夕方2時間、土曜日午前3時間、ネット山下塾を開いてきた。オンラインでのつながりの新しい発見はプラス、マイナスいくつかある。これからはオンライン学習、オンライン診療などが抵抗なく取り入れられるであろう。囲碁の魅力には頭脳格闘技と言われる頭脳を使うことへの鍛錬と一局打てば百年の知己を得ると言われる人とのコミニケションの取りやすさがある。オンラインでは後者のコミニケションのトレーニングが十分にできない。やはり対面でないと無理である。これまでどのタイミングで対面を再開しようかと計っていた。日本棋院では10月にジュニアペア戦を開催し、来春にはジュニア本因坊戦を開催すると発表された。ジュニア本因坊戦の昨年度の優勝者は塾生の末原蓮君である。山下塾にはそういう縁のある大会でもあるので11月の県大会を目指し、このタイミングで対面山下塾を再開することにした。意見を聞くためのZOOM保護者会には殆どの父母が参加してくれて賛意を得た。この時期に教室を再開するには社会的に基準通りの予防策をとっていると認知されることが大事であると聞いている。そのためのルールを保護者から募って決めていこうと思っている。

PA010008.jpg





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事