FC2ブログ

懸垂幕

2011年07月04日 02:02

八木が谷中学校伝統遊戯部は殆どの生徒が囲碁と将棋である。この部は何より顧問の広瀬先生が熱心に指導するので、やり甲斐がある。近隣の将棋と囲碁のボランテイア数人が部活の日に参加している。地域の力を上手く生かしている好例である。
 この伝統遊戯部は山下塾生のT君の縁で創部された経由があるので、何かの節目に指導に行くことにしている。部員のT君は個人で優勝する力はあったが、県大会で残念ながら取りこぼし今年は県代表になれなかった。7月17日に同一校1チーム3名による文部科学大臣杯第8回小中学校囲碁団体戦県大会がある。この大会で2位まで入れば全国大会に出場できる。T君は気持ちを切り替え団体戦で個人戦の雪辱を期している。大会までの部活の日程を聞いたら4日と7日とのことで、今日激励を兼ねて特訓してきた。選手二人と何局か打ったがT君は絶好調、3将のK君は将棋が得意だがチームに加わった。将棋で鍛えているので呑込みは速い。広瀬先生に全国大会に出場するなら学校の壁面に懸垂幕を上げるようお願いしてきた。
 懸垂幕が挙げられたら伝統遊戯部から囲碁部が独立するであろう。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事