FC2ブログ

コロナ下の入塾

2020年06月09日 22:49

囲碁に触れて1か月の小1の子が山下塾に入塾した。母親は20数年前に千葉県の子供囲碁大会に参加していたという。この母親の弟で院生経験もしている山下塾生OBから、甥と13路盤で打って、この子囲碁に向いている、と推薦してきた。新型コロナ感染拡大以降、オンラインでの人とのつながりが増えているとはいえ、子供が稽古ごとをするのに先生と顔を合わせたことがないのは如何にも不自然、と思い近所の公園で会うことにした。話してみると囲碁を打てると思って来ていたことが分かって家に上げて入門対局をしてみた。子供が囲碁に向いているかどうかを感じるのに幾つかの点がある。そのうちの一つは、終局が分かるかである。この子は19路盤は初めてであるが、不思議と終局が分かっている。強くなりそうな予感がある。いつ教室が再開できるか分からないが、それまでネット囲碁山下塾での指導となる。

ネット山下塾での初対局
DSC_1398_5.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事