FC2ブログ

ネット対局

2020年03月01日 23:09

一つの部屋で長時間顔を突き合わすのは新型コロナウイルス感染の危険性があると注意されている。今日船橋市で一例発症したが山下塾は2月29日から3回休塾することにした。ついてはその間どうするか相談したところ4人の保護者が集まってくれた。昨年三村九段がネット上で「ネット囲碁学園「」が優れものだと書かれてあったので、教室を申請したら主宰の方志昌さんが来塾し序でに、「ネット囲碁学園」をインストールし、使い方を指導してくれた。安倍首相が小中高の一斉休校を要請したため塾生たちは家庭で過ごすようになることで、この「ネット囲碁学園「」を使ってネットで山下塾を開くにはタイムリー、と思った。実際に進めるにはどんな段取りが必要か4人に知恵を出してもらった。塾長の指導碁、塾生同士の対局を組むのに希望を募ることとなった。先ずはテストとして今晩からスタートすることにした。指導碁は10人まで打てるシステムだが、急なので7人がセット出来、対局を始めた。月に2回は対面での10面打ちはやっているが、それと比較してパソコンの画面を見て、次々と対局相手の塾生の画面を出し、この塾生の棋力に合わせてどんな手を打ってやるのがいいか考えて打つ作業は、ことのほかしんどいことが分かった。今注目されているWEB在宅学習システムの一種と思えば、やりがいはあるのだけれど…

3_2020030317041601c.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事