FC2ブログ

敬老の日囲碁大会

2011年09月13日 01:42

 若松幼稚園では毎年敬老の日を記念して園児と大人の囲碁大会が開催される。今年は大人は主に中央公民館と薬円台公民館の囲碁サークルと千葉県女性囲碁の会「なのはな会」の会員に呼び掛けて参加してもらった。園児136人、大人26人、保護者100人近くでホールは熱気に包まれた。冷房が全く効かず見かねて母親が子どもの汗をぬぐっている。
 幼稚園側では園児と元気な年寄りが世代を超えて一緒に遊ぶことを経験させる。我々は囲碁を全く知らない30代40代の父親、母親にわき目も振らず碁盤に向かっている我が子を見てもらって、囲碁の認識を高めてほしいという狙いがある。若松地区は若松幼稚園の保育の中で囲碁があり、卒園児の母親が創った子ども囲碁サークル「囲碁っち」があり、子ども囲碁が地域に根ざしだした。兄弟で若松幼稚園に通っていたり、かって通った子どもたちが家庭で囲碁を打つようになれば「家庭で囲碁を」のモデル地区になりそうだ。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事