FC2ブログ

長寿表彰

2011年09月22日 01:38

ふなばし囲碁協会では長寿表彰をしている。ひとつの基準として90歳前後で囲碁サークルで囲碁を楽しんでいる方を対象にしている。長生きされ元気で囲碁を楽しまれているのは他の方の佳きお手本、目標となる。敬老の日にちなんで行っている。今日は高根台公民館の初心者の会のお二人で、ともに米寿を迎えられているS氏とIさんである。Iさんは女性として初めての表彰で、私とは20年近くの縁である。以前は電車とバスで土曜日のクラブに通われていた。「ちっとも強くなりません」とおっしゃるが囲碁の楽しみ方は一流である。さして考えない。うっかりすると相手より早く石を置くくらいである。勝てば喜ばれるが負けても「アラ負けてる」と軽く流す。こういう方は相手に好かれる。妙に悔しさが表情に出ると後味が良くない。その点見事な棋客である。

考えるときは考えているIさん



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事