FC2ブログ

夢タイム

2013年09月06日 19:16

八千代台西中学校の夢タイム、二学期最初の囲碁授業である。夏休みの間囲碁に触れたか聞いてみると、全くやらなかった生徒が多い。班長の女子生徒に聞いても首をかしげている。一学期に13路盤で打ち出しているので、講義の中でヨセの問題をいくつか出してから、生徒同士の対局とした。残り8回の授業のうち最後の2回は囲碁大会を予定しているため、それまでに全員と対局するつもりである。それには生徒を二人一組にして指導碁をしないと、間に合わない。3組6人と打ち終えて、生徒との距離が大分縮んだ感じがした。ほかの生徒の対局を見て回ると、夏休みに一度も囲碁に触れていない、と言っていた割にはかなり進んだ手を打っている。囲碁をやっていたね、と聞くと「スマホで」と応えが返ってきた。女子生徒がリーダーゆえか、クラスの雰囲気がとてもやわらかい。意義のある囲碁大会が出来そうである。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事