FC2ブログ

パス

2019年11月12日 23:11

若松幼稚園で石取りゲームから純碁指導にして今日は2回目である。園児たちの前でサポートしてくれる保護者の会の母親の一人と模範純碁を示し、双方がパスして終局で、その時に残っている石の多いほうが勝ち、というルールを説明する。園児に打たせていると、一人の園児が「パスってなあに?」「・・・」、とっさに説明できない。しばらく考えて「一回休み」と答えたが、かえって難しいかもしれない。幼稚園児に囲碁指導して17年余になる。当然ながら教える相手は幼稚園児、という意識であるが、時々園児から思いがけない質問をされて未だにタジタジになる場面があるのは可笑しい。幼稚園児畏るべし、である。

IMG_7856.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事