FC2ブログ

八千代市勝田台南小学校

2019年11月06日 23:03

八千代市の「ふれあい教室」に囲碁指導と登録してあるので、毎年4月に幾つかの施設から囲碁指導依頼が舞い込んでくる。勝田台南小学校もその一つである。トランプ、オセロ、百人1首などのゲームに加えて初めて囲碁をと、頼まれた。クラブ員は29名で指導時間は1時間である。まずは囲碁の歴史、世界の囲碁事情、AI囲碁の登場、日本の若いプロ棋士の活躍などを解説し、これからは、囲碁が打てると自慢できますよ、と話した。一回限りの入門指導には「純碁」が最適である。マナーと5つのルールとお互いにパスで終局と話し対局させた。二人の先生も加わり何局も対局できた。純碁の良いところは、自分たちで終局出来るところと、もう一つは「眼」が2つあれば取られないということが、大した説明なく理解されることである。校長、教頭、二人の担任の先生も喜んでくれた。来年も依頼が来るであろう。

DSC_0873.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事