FC2ブログ

雲の上から応援

2019年08月01日 22:36


ふつう雲の上から応援している、と言えば、亡くなった人があの世から応援している、ということだ。これまで山下塾生が全国大会決勝に出たのは大西研也さん、牛栄子さんの二人である。優勝したら保護者と師匠がNHKのインタビューを受けるので、そのつもりで応援に行っていた。文部科学大臣杯少年少女囲碁大会全国大会で、今年レン君は決勝戦まで勝ち進むと思っているので当然応援に行くつもりでいた。ところが急に長崎に行く用事が出来て、決勝を戦っている時間は丁度雲の上であることが分かった。とっさに、普通あの世にいかなければ叶わない雲の上からの応援も、現実の雲の上からでも強力であろうと思った。結果は残念ながら決勝まで行けず、強力な念力は発揮できなかった。ただし今、中学生のレバルは高いので五位入賞は立派なものである。

空から


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事