FC2ブログ

師匠越え

2019年07月27日 22:15

山下塾生の塾頭レン君とは、これまで向う先の手合いで打っていた。ジュニア本因坊戦で全国優勝したので敬意を払い互先の手合いにした。互先は互角の勝負であるから最初の対局は気合を入れた。手合い時計は使わないのですか?の声に、短い時間ではとても歯が立たないので時計なしとした。形勢不明の碁となり半目勝負と思い真剣にヨセを打っていた。レン君はさらさら寄せている。何とか半目残せた。その直後、ふと渡辺祿郎先生のことを思い出した。高校生の時、先生に手合いは2子であった。しばらくして先生より強くなったと感じた時に、何が何でも先生に勝とうという気が薄れたことを思い出した。レン君の打ちっぷりから察して、あの時の自分の気持ちと同じなのかと思った。師匠思いに答えるには当分負けるわけにはいかない。

5年前のレン君 常昊さん王汝南さん
IMG_0840_20190730071523792.jpg



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事