FC2ブログ

日向蛤ボータイ

2019年05月31日 06:16

プレゼントはタイミングを得ると何倍も心に沁みるもの、と実感した。行田中学校が文部科学大臣杯小中学校囲碁団体戦千葉県大会に三人一組のチームが出来、出場できることになった、と聞き、選手を連れてくるよう末原君に伝えた。末原君はジュニア本因坊で全国優勝したから、あと二人の選手次第では全国大会でも有力である。行田中は末原君の兄が1年生の時全国準優勝している。連れてきた中学3年生は2、3日前に蓮君から囲碁を教わったばかりである。早速打ってみると、初心者ながら筋の良さを感じる。3週間でどれだけ強くなれるだろうか。グッドタイミングのプレゼントの話はここからで、一緒に来た蓮君のお母さんから思いがけないプレゼントを頂いた。この数年ボータイの気楽さが気に入って身に着けることが多いが、丁度プレゼントされた日は、囲碁三田会の総会で会長を大山君にバトンタッチする日であった。どのネクタイをしていこうかと思っていた矢先である。プレゼントは日向蛤の模様がくっきり出ている。自分にとり囲碁関係の大事な節目の日に奇しくも日向蛤のアクセサリーを頂くとは何と間の良いこと!このボ-タイは自分にとり勝負ネクタイとなる予感がする。
DSC_0447.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事