FC2ブログ

三三入り

2019年05月04日 22:29

2019世界AI囲碁大会の棋譜26局を並べ出したが面白い棋譜が多い。特にAI囲碁が打ち出した三々入りの変化は日々に進化している感じである。ある一局では四隅で三々入りが打たれ全て違う変化になっている、準決勝の碁に大型の変化が現れた。黒は韓国のBADUKI、白は日本のRaynzである、24は初めて見る手である。ここから71で一段落である。あるAIでは白が有利とある。そうかな、と思いLeelaZeroで調べたら白黒50%である。いまや形勢判断はAI囲碁に聞くようになったがAIで評価が異なると迷ってしまう。いろいろなAI囲碁が手軽に使えるようになったが、自分に合う、AI囲碁を使いこなすのが何よりであろう。
Raynz-BADUKI.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事