FC2ブログ

韓国延世大学囲碁交流Ⅱ

2019年03月23日 23:24

冒頭の挨拶は片言のハングルで、皆さんおはよう、大会開催を心から感謝しています、と述べた。次いでワールドチャンピオン朴さんの三連覇を祝し、金眞煥さんの韓国大学連盟会長就任も祝した。続けて自分が2004年に東日本大学OBOG会会長の時にトップアマ15人を連れて親善大会を開催したのがこの連盟結成の契機であり本当に嬉しいこと、残念ながら日韓の政治の間には冷たい風が吹いているが、この場の温かい空気は之まで12年間の友情の表れであり、熱き戦をしてさらに友情を深めよう、と言った。今年は慶應が頑張って11対11と引き分けた。韓国ではいつも大差で敗れているから、選手の選考に配慮したとはいえ大健闘である。自分の2局目は大勝のところ無茶ばかりして逆転負けを喫した。悔しさはしばらく消えず、あの場面、この場面と、勝つチャンスのある場面が頭をよぎった。延世の学生宋在桓さんは子供のころプロ棋士として嘱望されたが進学を目指し延世大学に入学し、囲碁を再開してアマの大会を総なめしているそうである。日本の学生では歯が立たないくらい強い。強いメンバー揃いで且つアウエイでの引き分けは大満足な親善大会であった。

これまで慶應選手が誰も勝てなかった金鉉根さんを中島光貴君が負かした碁
中島 金



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事