FC2ブログ

中国子供囲碁教室

2019年03月18日 23:05

World Go Championshipの随員、あるいは応援団かで中国西安市の旧友李さんが来日したので夕食を共にした。2年前に会った折には子供囲碁教室を開いていて、二千名の生徒がいると聞いていた。現在は四千名に増えていて、目標の六千名には今年中に達成する、との話には恐れ入った。100名の社員、15の教室、指導者、教本つくり、生徒集め、宣伝等十部門が在り、これは立派な企業である。本格的に動き出したのは2014年からである。子供の習い事のベスト5に囲碁は入っていないが、この盛況ぶりからみると、子供教育における囲碁の認識の高さが日本とは桁違いなのであろう。政治家トップが囲碁ファンということも影響しているのかもしれない。1988年から船橋市・西安市の囲碁交流は続いているが、ここ3年は愛好家の高齢化で途切れている。西安に直行便が飛んでいるので、飛行機代だけ負担してもらえれば滞在費、観光費はすべて西安で持つから子供囲碁交流をしよう、と強く誘われた。それは兎も角、四千名の李囲碁教室を見学してみたいものである。
船橋市が西安市公園に贈呈した石碑
IMG_5551.jpg



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事