FC2ブログ

S学院小囲碁クラブ

2019年01月11日 23:00

S学院小のアフタースクール新年初めての指導である。二学期のリーグ戦の表彰を準備して、ひと月半で一巡するように決めている指導碁を4人と打ち、さて一通り指導が終わったところに補助してくれる先生が一階から上がってきた。皆の騒がしい声が一階まで聞こえてくる、と生徒に注意した。日ごろ騒々しく囲碁を打っているのは承知していたが、ほかに迷惑を掛けていたことまで考えが及んでいなかった。恥ずかしい思いである。囲碁が強くなれば静かに打つようになるから、と放って置いたのがいけなかった。次から騒いで打つていたら注意する、と生徒に告げた。さて何回くらいで静かに対局できるかは注意の仕方による。まさか拳骨というわけにはいかないので工夫が必要である。
IMG_0633.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事