FC2ブログ

八千代中学校純碁指導

2018年10月27日 22:52

八千代市ではふれあい教室(市民活力地域還元事業)があり、希望の学校からの申し出により登録団体が指導者を派遣する。NPO法人囲碁文化継承の会では、毎年八千代中学校の特別授業の中で囲碁を指導している。今年、囲碁希望の生徒は22名である。土屋さんと相談して一回2時間だけの指導であるから純碁で指導することにした。AIと囲碁の現状を解説した後、10分ルールの説明をして対局してもらった。最多対局賞と最多勝利賞を設け、兎に角沢山対局してもらおうと考えた。二時間授業での最多対局は何と15局であり、最多勝利賞は6勝であった。囲碁を打つ先生がいたので、純碁と本式ルールは計算の違いであることを説明した。終了後感謝の気持ちを伝えると、講堂で2年生全員によるダンスを2曲披露してくれた。夏休み明けから練習を積んできた甲斐があって、なかなか見応えのあるダンスであった。外部講師を代表して挨拶を頼まれた。「心を一つにして見事な演舞を仕上げられた諸君の未来は明るい!」、と大きな声で伝えてきた。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事