FC2ブログ

千葉大学囲碁授業

2018年10月26日 22:55

千葉県少年少女囲碁連盟土屋副会長と二年目の千葉大学囲碁授業を見学に行った。山下塾OBのハマ君が囲碁部部長になったので囲碁部で囲碁授業をどんな風にサポートしているのかにも興味があった。当初は200人くらいの学生が集まったらしいが、今回4回目の授業には160名程が受講していて、そのうち女子学生は、3割くらいである。次回から19路盤に移るのだが、今回9路盤での学生の対局を見ると皆な立派な碁になっている。対局中不明な点がある時は手を挙げると囲碁部員が駆け寄り教えている。ハマ君に聞いたら、毎回囲碁部員の半数が来て手伝っていると言うことである。講師のレドモンド九段の解説は、時にユーモアを交え、丁寧で分かりやすい。二年目も学校側の予算措置、学生の反応も良好なので千葉大学の囲碁指導は定着したと安心した。千葉大学で囲碁が授業になっているのは県内の小中学校の先生方への囲碁の理解に大きな影響がある。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事