FC2ブログ

音楽教育

2012年01月20日 00:59

神明幼稚園の本年初めての指導である。神明明幼稚園では指導者2名、園長、主任の先生、補助の先生、写真を撮る先生と手厚い。私は教室を見渡してボオーとしている園児のフォローを心掛けている。これは園長の幼児教育では「わからない園児を作らない」との思想に添ったことである。それには多くの指導者の目があったほうが行き届く。保育の時間も補助の先生を配していて、先生の採用には心を砕いている。保育の先生になるのに大学に入ってから志望するのでは難しいことがあるという。保育の先生になるには音楽教育が必須であり、音楽教育にはピアノが欠かせない。ピアノの習熟には大学生になってからでは難しい。保育士になるには子供のころから志望するのが望ましいとのことである。高校から大学に入って自分に適した道を探すのが望ましいと思っていたが職業によっては早く決める必要があるらしい。夢のあることか、ないことかよくわからない。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事