FC2ブログ

格闘技

2018年07月14日 23:53

文部科学大臣杯小、中学校囲碁団体戦の全国大会出場枠は千葉県は各2校である。他県の出場状況による調整で千葉県の中学校全国大会枠が4校に増えた。県大会では優勝すると予想していた柏第4中が3位となり、残念に思っていたところ繰り上げで全国大会に出られることになった。3位では代表になれず一番悔しいのは選手本人のはずなので、渡辺、尾身には何も言わなかった。幸運にも全国大会に繰り上げ出場できることになったので、総括というほどのことでもないが何故3位だったのか、本人に聞いてみた。さしたる答えが返ってこない。四段・四段・1級の柏第4中の3人が、初段・初段・10級の東邦中チームに0-3で何故負けたか、自覚していないようでは全国大会での活躍は期待できない。日頃塾生を叱ることは殆どない。本気で叱らなければ、と思った。県大会では柏第4中チームには自分らが勝つぞ、という気概が何も感じられなかった。囲碁は知的格闘技である。格闘技であるからには勝つ気が強い者が勝ちを得る。ただ碁を打ちました、ではなく必ず勝つとの思いを強く持つよう、二人に話した。柏第4中は全国大会で枠抜けする棋力はある。気力充実を祈る。
DSC_0256.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事