FC2ブログ

ルリースクール

2018年06月15日 23:10

都内唯一の私立のフリースクール中学校で「それ活」時間の囲碁に一年生の女子生徒Nちゃんが参加して今回で二回目である。先輩たちに早く追いついてもらいたいので、少し無理だが19路盤で指導した。時間が余ったので先輩のRちゃんに九子の指導碁を頼んだ。折に触れ、囲碁を学ぶと友達ができるよ、と言っているので、色々な生徒との対局が望ましい。一年先輩のRちゃんは指導碁は初めてである。私が負ければいいの?と聞いてきた。友達になるには一生懸命に打つことだよ、と教えた。初めての19路盤でNちゃんはボロボロ石を取られ、涙腺が緩み出した。それでも時々びっくりするようないい手を打つ。「おっ、きみは天才だ!、と心から褒める。何故か更に涙腺が緩んできた。あれでよかったの?とRちゃん言う。Nちゃんは今日の対局を思い出として一生覚えているよ、と話した。二人は真剣に打つごとに友情を育んでいくであろう。
IMG_8907.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事