囲碁?将棋?

2018年05月30日 21:04

屋敷小学校のクラブで毎年囲碁指導をしてきたが、今年から囲碁と将棋を半々でやります、と連絡があった。昨今の将棋ブームの表れと思う。新任の教頭先生から、年間指導日数6回、生徒16名をそれぞれ半分に分けて囲碁と将棋を体験させると言ってきた。初日に行ってみると生徒は23名に増えている。将棋の指導者がクラブ担当の先生に3回では何も伝えられない、と言った。先生は生徒に囲碁と将棋を両方3回ずつが良いか、囲碁か将棋かどちらかを選んで6回通したほうが良いか挙手で生徒に希望を問うた。だたし最初の二回はどちらを選んでも良いことにした。初会は囲碁8名将棋15名となった。昨今の将棋ブームから、こんな割合で選ばれるのだろう。囲碁と将棋を全く知らない子供にゲームをさせるには囲碁のほうが有利である。なんといってもルールは五つで、すぐにゲームを楽しませることが出来る。将棋は駒の動きを覚えるのだけで大変である。囲碁の方は45分で早い子は3回ゲームができた。全員にそれぞれの面白さを体験してもらいたい。
屋鋪小


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事