FC2ブログ

第11回延世大学・慶応義塾大学囲碁交流戦

2018年03月18日 22:34

延世大学と慶應義塾大学の囲碁交流は今回で11回となる。挨拶に「平昌オリンピックで一番印象に残ったのは女子500スピードスケートの決勝の場面である、小平奈緒さんと李相花さんが互いの国旗を背に健闘を称えあった姿は両大学囲碁交流のあるべき姿と重なった。友情を深め交流が長く続くことを願う」とした。会場は慶應義塾が理事会を開く部屋である。迎える延世大学選手は17名でこれまでより選手の棋力は高く、九段3名、八段3名、七段3名、六段3名、五段2名、以下3名。韓国の段は日本の段より二段くらい上と見て良い。慶應側ではできるだけメンバーを揃えたが、対戦結果は一回戦8ー8、二回戦7-10となり15勝18敗で延世大学の勝利となった。対局が終わると日本語、韓国語、英語が入り乱れて懇親会となる。二次会は学生は学生同士、OBはOB同志に分かれる。OBは二次会、三次会、四次会と気の合った同志で流れていった。
集合写真室内1


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事