ニコ生

2018年02月02日 14:21

棋聖戦第3局で「ニコ生「」を見ている人が4万人、同時に流れている将棋の藤井聡太さんの将棋には10数万人が見ている。順位戦C2組の対局が「ニコ生」で流れ、それを10時過ぎまで観ている人がこんない多いとは。藤井効果の大きさには恐れ入る。もう一つびっくりしたのは解説が男女二人のプロ棋士だが、次の手の解説にAI将棋の候補手が使われている。人間では打てないと評しているが、それがいい手らしい。また形勢判断も囲碁の場合より将棋のほうが鮮明である。AI将棋の手が実戦でこれほどまで有力になり、形勢判断にも使われている状況では、対局場にスマホ禁止はやむを得まい。AI将棋を片手にしてプロ棋戦観戦も新しい楽しみ方である。
P1230008.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事