FC2ブログ

事務局長

2018年01月25日 21:34

NPO法人囲碁文化継承の会を立ち上げたのは11年前である。幼稚園や小学校からの囲碁の指導依頼が増え個人より法人で受けるほうが広がると思ったからである。その時後押ししてくれたのが日身さん同士が友人の福島さんである。彼は当時大手企業を定年前に退職し充電中であったが、法人設立の事務一切を引き受けてくれた。彼無しでは今の活動はありえない。残念ながら彼は病魔に侵され3年後に早逝してしまった。そのあと二人の会員が各二期ずつ後任を引き受けてくれたが、家庭の事情で退任を申し出られていた。小さなNPO法人の事務局長といえども囲碁が好きで且つボランテイア精神が旺盛でないと務まらない。思いついたのはまだ現役の会員で大手企業勤務のHさんだ。声を掛けたら何と!快諾してくれたのである。その上、Hさんは大学の後輩とわかった。それなら慶應の囲碁関係者を何人も紹介できる。彼には事務局長として苦労を掛けることになろうが、人の縁は大きく広がるであろう。
IMG_1544.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事