FC2ブログ

特訓

2018年01月23日 21:43

3年前、くらしき吉備真備杯こども棋聖戦千葉県大会で小学3年生以下の参加者が3名しかいなかったことに危機感を持った。それまで山下塾入塾には初段以上が暗黙の条件のようになっていたが、幼稚園児や小学低学年の初心者を入塾させることに変えた。小さい子供なので歩いて通える塾生が増え、特に近隣の三つの小学校に通う塾生が多い。今年夏に開催される千葉県団体戦には山下塾生が在籍する中学校1校と小学校3校が県代表校に食い込めるまでに育ってきた。そこで夏の団体戦に向けて特訓しようと思いたち、塾長と塾生の都合を突き合わせ、なるべく多くの塾生が参加できる日を決めることにした。時間帯は15時から19時までとし、出入りは自由とした。時間内に別な習い事をして戻っても良いとしたのである。小学校低学年で習い事が週に5日という子もいるからだ。特訓日の指導はこれまでと色合いを変え、「褒める」から「叱る」を主とする。果たして半年でどれだけ効果が出るか、塾長、塾生の熱意にかかっている。
二桁級のカンタが次の一手で白石ゲット、お見事!いい選手になれるかも
昭和学院1月17日



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事