S学院小新年初授業

2018年01月11日 22:43

S学院小の新年初授業である。前回のリーグ戦成績によりAクラス14名、Bクラス18名、Cクラス8名にクラス分けして新しくリーグ戦を始めた。授業は布石の勉強、1分間の黙想、対局(指導碁4局とリーグ戦)、論語素読、指導者からひと言、後片付けと進め方が決まってきた。布石の勉強を入れたので、大分形が良くなってきた。今日の一言は、井山さんが国民栄誉賞の受賞が決定したことに触れ、「囲碁は国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を与える」、と新聞やテレビで大きく取り上げられたので、囲碁の認識が高くなった。諸君も囲碁を打つことに誇りをもつよう話した。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事